千葉の家族葬にかかる費用はどれくらいか

一般的な葬儀は、医療機関や警察などから遺体を引き取り通夜及び告別式を行い火葬後に埋葬されていますが、バブル経済の崩壊以降続く経済不況に加えて国民の深刻な仏教離れにより、葬儀費用の全国平均が年々下落し200万円を下回っています。千葉県は、首都東京に隣接する立地でありながら温暖な気候と広い県土により農業王国と呼ばれ、特に県南部には従来の宗教的な儀礼の風習が継承されている事をあり、全国の平均的な葬儀よりも参列者や弔問客が多く盛大な葬儀を行っている地域とされています。しかし、県内でも家族構成の核家族化や故人の高齢化が急速に進んでいる為、葬儀に参列出来る故人の知人が著しく減少しコンパクトで簡素な葬儀が主流となりつつあり、県内の葬儀施設もコンパクトな施設にシフトしています。

一般的な葬儀費用に比べて安価な理由

千葉県の平均葬儀費用は、全国平均よりも20万円以上高く200万円を大きく超えていますが、通夜を行う前に火葬を行う前火葬を行っている地区もあり通夜と告別式を終えて火葬を行う一般的な葬儀とは大きく異なり、故人の遺体の腐敗を考慮する必要が無くゆっくりと準備出来る事も背景にあります。一般的な葬儀は、親族縁者に加え生前の故人の知人や関係者などに対して会葬礼状を送付し参列を促す為、参列者の為の案内看板や忌紙、駐車場、振る舞い膳、厄落としの精進料理、香典返しなどに加え遺族による接客が必要となりますが、家族葬は家族と極限られた者達で営まれるので非常に気楽かつ費用を安く抑えられます。その為、祭壇や棺、枕飾りなどのグレードにもよりますが40万円前後から営む事が出来ます。

見栄をはる必要の無い家族葬の明瞭な料金体系

日本人は、ほとんどの人が自宅の畳の上で死を迎えていましたが、現在では自宅では無く医療機関で死を迎えるケースが多く、医療機関に紹介された料金体系の不透明な葬儀業者に依頼し高額な請求をされてしまうケースがほとんどでしたが、大手物流業者の参入による追加料金の必要ないセット料金の導入や生前見積もりにより葬儀の料金体系が透明化されています。又、家族や極限られた親族や知人によって営まれる家族葬は、祭壇や棺、枕飾り、仏衣などに必要以上の見栄をはる必要が全く無く、必要最低限のグレードで葬儀を営む事が出来るので40万円前後から営む事が出来ます。県内では、前火葬を行う地区もあるので通夜や告別式を行う為の遺体安置費用や火葬予約が取れない時の為の余分なドライアイス、枕飾りなどが不要となる葬儀もあり、更に安く葬儀を請け負う業者も存在します。