千葉の家族葬における注意点とは

現在の千葉県は、県の人口が624万人対して年間死者数は53,000人を超えていますが、出生率や転入、転出など県内の人口の増加率が同水準ならば県の人口は530万人程度に減少するにも関わらず、年間死者数は65,000人前後まで増加するとも考えられています。しかし、県内の葬儀は全国平均の葬儀費用よりも割高な傾向が顕著に見られる一方で、東京に隣接する事もあり地方都市に比べて核家族化の傾向が非常に強く見られる為、故人の生前の権威を示すかの様な大規模で盛大な葬儀よりも小規模で簡素な家族葬が非常に増加しています。県内の葬儀業界では、葬儀件数の増加を考慮しながらも葬儀規模の小規模化傾向に対応すべく、従来の大規模な葬儀施設から小規模な葬儀施設へシフトしています。実施に際しては、葬儀業界だけで無く葬儀を行う遺族を注意すべき点が多くあります。

増加する家族葬のメリットと不意の弔問客への注意点

この葬儀は、無宗教民族故の宗教的儀礼に対する認識や死生観の曖昧さ、葬式仏教離れに長く続く経済不況による経済的問題が深く結びついた事で急速に増加しています。葬儀自体は、通夜及び葬式、火葬、埋葬と一般の葬儀と行う事は異なる事がありませんが、遺体引き取りから埋葬まで家族と極限られた人間で行われるので基本的に弔問客も無く、香典返しや振る舞い料理などの手配や経費を省く事が出来、葬儀のトータルコストを安く抑える事が出来るメリットがあります。しかし、小規模な葬儀である事から特に千葉県南部では大型の葬儀施設を使用する事無く自宅の広間や和室で葬儀を行う遺族もおり、近隣の知人が不意に弔問に訪れ対応に苦慮してしまう事があるので、自宅で葬儀を行う場合には弔問客への準備をしておく必要があります。

親族の了承や地元の葬儀風習である前火葬による家族葬の注意点

千葉県は、全国の平均葬儀費用よりも高額の葬儀を行う傾向が強い為、参列者が限られている小規模な葬儀は遺族として故人に対する孝心の欠如や故人への冒涜と酷く非難する高齢者も少なく無い上に、葬儀に参列出来なかった親族縁者や近隣の知人との人間関係に悪影響を及ぼす危険性があります。その為、遺族は葬儀に先立って親族縁者や知人に対して故人の遺志である事や諸事情などをしっかりと伝え理解してもらう必要があります。一般的な葬儀では、通夜及び告別式を行い故人の遺体を火葬にふしますが、県内の一部の地域では通夜に先立って火葬を行う前火葬が行われています。その為、前火葬を行っている地域では故人の死を親族縁者や近隣の知人に隠し通すのは難しく、故人の死を隠す事無く親族縁者や知人に通知しておく必要があります。