千葉で家族葬を行う時に気をつけたいこと

家族の間で葬儀について話し合い、葬儀形態をあらかじめ決めておくのは望ましいことです。葬儀の必要性が生じたときに、遺族の意志統一ができていれば、喪主は淡々とインターネットを検索し、各社を比較検討して、希望に最適なプランと業者を選択することができます。葬儀業者のセールスマンの中には、家族葬の依頼を受けても、規模の大きな一般葬に誘導する例が見られます。遺族の意志統一ができていれば、喪主は意志を通しやすくなります。近親者をなくして弱っている喪主が、営業マンの誘導を断るのは難しい場合もあります。事前の話し合いと意志統一は、こうした場面で支えになります。ただ、意志統一があったからと言って、事前予約をするようなことはやめておきましょう。葬儀をすることになったときに、リアルタイムで最適なプランを選ぶべきです。

家族葬の形態は自由に遺族が決める

家族葬であっても、葬儀であるからには、ある程度の決まりごとがあると考える向きもありますが、そのようなことはありません。資格がないとおこなえない手続きを除けば、あとは故人と遺族の自由です。遺族だけで、故人との最後の時間を過ごせる、故人を悼むことだけに意識を傾けることができるというのが特長であり、何かに合わせようとする必要はまったくないのがいいところです。千葉には葬儀社が数多くあり、たいていホームページで葬儀プランを紹介していますが、最近はオプション形式のプランが増えています。基本的なことだけがプラン設定されていて、祭壇の仕様や、宗教関係者を呼ぶ呼ばないなどは、オプションとなっています。選択は故人と遺族の自由です。千葉では、すべてが決まったプランというのは、少なくなっています。

優先するべきことを、見誤らない

従来型の一般葬では、礼を失しないようにということが最優先課題のようになり、宗派特有の儀礼やしきたりを急に憶え込む必要があって、遺族は故人を悼むどころではない面もあったでしょう。葬儀はなんのためにおこなうか、ということは、インターネットが登場するまでは、問答無用のことであるような状況でしたが、インターネットが普及するにつれて、家族だけの葬儀がせきを切ったように増えたことから、人々がそれを意識に置いて選択するようになったことがうかがえます。インターネットという情報入手、および選択の手段を得た現在、葬儀で優先すべきことを、故人や遺族それぞれが決めて、そのとおり行える状況となっています。インターネットで検索し、比較検討して決めるのには、数十分ほどしかかかりません。この過程を経て、選択すべきでしょう。